賢い借金の返済方法

知らないと損する!賢い借金の返済方法(借金半額のコツ)

賢い借金返済方法「債務整理(任意整理)」で借金を半額

任意整理で利息を減らし、元金を確実に返済する。

弁護士が、金融業者と交渉をします。金利を低くし、利息を減らせば、毎月の返済分から元金に充当される額面が増えます。もっと簡単に言うと、例えば、

・30,000円の返済→金利が高く、利息が高いと「21,000円が利息で、元金は9,000円しか減らない」

これだと、例えば「100万円の借金」だとしたら、毎月3万円もの返済をしても、99万1,000円にしか、元の借金は減りません。すると、次の返済も、まだ99万1,000円に対しての金利、利息がつくわけで、本人としては「3万円も払っている」のに、元金の借金が全く減らないような状況になります。

しかも、こうした場合には、返済に追われて、結局、返して「あいた枠」の枠の分だけ、またキャッシングをしてしまう人が多く、結局、借金の金額は全く減らなくなってしまいます。

任意整理・借金返済の無料相談ができる法律事務所

債務整理を得意分野としている法律事務所を紹介します。状況に合わせて相談する事務所を選ぶのが良いでしょう。こちらで紹介するのは全て無料で相談が可能です。

2社以上から借金がある場合 → 借金お助け相談窓口

1社のみの借金なら着手金が安いココへ → 岡田法律事務所 

ヤミ金や街金など違法金融に手を付けてしまっている場合 → サルート法律事務所

・利息の交渉
・金利の交渉
・元金だけの返済にできるかの交渉

自己破産と違って、任意整理は借金をしている側にとっても非常に良い「賢い借金返済方法」です。ですが、実は書類上の申請など、意外とひとりでも出来る自己破産と違って、任意整理は「金融業者との交渉」が基本なので、個人ではまず難しいと言えます。

自己破産もひとつの債務整理の方法ではありますが、デメリットが大きいので可能であれば、任意整理を検討しましょう。

任意整理→民事再生→自己破産

この順番で、「自分の借金を減らして、完済できるようにする」賢い借金返済方法を選ぶようにしたいですね。

【実例で見る『賢い借金の返済方法』借金は半額になる!】

「毎月何万も返済しているのに、借金が全然減らない……」こんな悩みは実に多いのです。借金の返済方法を誤ると、いつまでたっても完済できません。あなたは「間違ったやり方」をしていて、「賢い借金返済方法」をしていないのです。

賢い借金返済方法は、プロの手を借りる事です。任意整理というと何か「すごく大変な事」のように思えますが、毎月の返済の追われる方がよほど「大変な事」なんです。自転車操業に慣れ切ってしまうと、思考能力がストップして、ただひたすら「明後日は2万円、15日には4万で……」と返済の事しか考えられなくなってしまいます。それが、実は最も大きな問題なんですよ。ただただ、返済日と返済の金額だけしか頭に浮かばない状況では、普通の暮らしができません。「ああ、とにかく今日は助かった」と、ベッドに入るたびに溜め息しか出ないような生活は、早く終わらせましょう!

では、まず賢い借金返済で、実際に500万近い借金を半分以下にした実例を見てみましょう。

『毎月の返済額が半分以下に!返済に追われた地獄の日々も終わった!』

(Aさん体験談)
最初はちょっと旅行代の足しに、と思って、持っていた信販カードのキャッシングを利用。あまりに簡単に現金になるので、ついつい「今月もちょっとだけ」とやっているうちに返済が苦しくなり、今度は消費者金融を利用。気がついたら、7社(信販カードのキャッシング・消費者金融からの借入)合計500万近い借金にふくれあがってしまいました。

・毎月の返済は合計で15万位。
・返済しては、その後又、3〜5万円のキャッシングを繰り返す

返済もしているのですが、結局、月末にはお金が足りなくなるので、返済して利用枠がちょっとでも出来ると、消費者金融から追加で2万、3万とキャッシングしてしまう……。かれこれ10年近く返済をしているのに、残額はほとんど減りません。仕事をしていても(明日は返済日で3万必要だ……どうしよう)(とりあえず、今日はキャッシングで返済しちゃったけど、もうココも無理。来週の返済4万はどうしよう)……こんな事ばかり考えていました。何をしても、何を食べても、お酒を飲んでも、結局「お金・お金・お金」しか、頭に浮かばない、地獄のような日々でした。

重い腰をあげて、法律相談所へ足を向けたのは、こんな自分でも好きな女性が出来たからです。バツイチで子供のいる同い年の彼女は、自分に借金がある事も知っていますが「一緒に頑張ろう」と言ってくれました。

苦労をしてきた彼女は、自分の焦りも理解してくれて、思い切って二人で「借金お助け相談窓口」に相談。丁寧な対応と、明快な「借金はきちんと返すもの、賢い借金返済方法をすれば、必ず完済できる」という言葉に力づけられました。あれから1年、無事すべての借金を完済、彼女と、僕になついてくれて「パパ」と呼んで甘えてくれる息子を得る事ができて、前の地獄のような日々がウソのようです!

→任意整理で「返済額を圧縮」「借金は半額以下に」
Aさんのケースでは、
(1)債務確認(金融業者から取引履歴を取り寄せ、正確な借金の金額を把握)
(2)各金融業者と交渉をスタート
・過払い金が発生している業者には請求
・返済金額の減額交渉
・金利や利息の交渉
(3)和解交渉が成立
と、順調に任意整理が進みました。Aさんの借金は大きかったのですが、このケースでは闇金のようなトラブルになりやすい金融業者はいなかったので、非常にスムーズに交渉は進んだようです。また、交渉期間中は、一切の取り立てや督促はなく、返済も猶予されます。

結果的にAさんは、過払い請求で戻ってきたお金で、法律事務所の着手金や報酬を支払う事ができ、さらにいくらかは残額の借金に充当もできました。Aさんのように「長期的に借金している」場合は、過払い金が戻って来る可能性が高いのです。その上で、「必ず毎月返済して、完済をする」約束を元に他の金融業者とも交渉し、高い金利を低くして、結果的に

500万の借金→120万の残額
毎月15万程度の返済→2社合計で約5万円の返済

と大幅に返済額が減少しました。

賢い借金返済方法は……

・債務整理のプロに頼んで「借金半額・減額」を実行
→複数の借金がある人専用の窓口がある「借金お助け相談窓口」を利用。債務整理の法律事務所はたくさんありますが、それぞれ得意・不得意があるのも事実。今回、Aさんがお願いした「借金お助け相談窓口」は、複数の金融業者から借入をしている人を対象にしている、法律相談所です。3社以上から借金がある人には、特にお勧めです。

・ひとりで悩まずに「必ず完済できる」と行動する
→いくら調べても、実際に債務整理に着手する、つまり行動を起こさないと、借金は現実的に減りません。ネットは便利で、色々な事がわかりますが、「借金返済方法」は実際に弁護士や司法書士に相談して、行動を起こさないと「本当に借金が減る」結果につながりません。法律事務所というと、何となく敷居が高いかもしれませんが、最初の相談では無料のところが多くあります。「借金お助け相談窓口」も、無料相談を受け付けているので、まずは行動を起こして、今の苦境を相談する所からスタートしましょう。

・モチベーション(借金ゼロにして新しいライフスタイルを手に入れる)を保つ
→苦しい借金生活から立ち直る、立ち直った後の新しいライフスタイルを具体的に思い描いて頑張る。借金を返済したい、と考え、賢い借金返済方法を望む人は多くいます。そこから、実際に借金返済のための行動を起こして、なおかつ、完済まで継続して頑張るのが大切です。途中で挫折しない為にも、「この借金を返済して、新しい生活を手に入れるのだ」というモチベーションをずっと持ち続ける事も、とても大切です。

Aさんは、とても理解のある女性の協力も、大きかったと言えます。でも、多くの人は「誰にも知られずに借金をどうにかしたい」「家族にバレずに借金の返済方法はないか」と悩んでいるのも事実です。

次のケースでは、「賢い借金返済方法」で、家族にもバレずに200万程の借金を半額以下に減らした主婦の実例を見てみましょう。

『夫にバレずに200万の借金を賢く返済!借金半額で半年で完済』

(Tさん体験談)
私が最初に消費者金融を利用したのは、幼稚園のママ友とのお付き合いで「ちょっとお金が足りない」事があったからです。社宅住まいですが、この辺りはけっこう余裕のある家庭が多く、一番近いからと選んだ私立幼稚園は思った以上に派手な交際で……。

ついつい断りきれず、また少々ミエをはる所もあって、ホテルのランチ会や、お料理サロン教室に誘われると参加したりで、生活費を使い込んでしまいました。夫は零細企業の事務職で堅実で節約派。基本的にお金の管理は夫がしており、私は生活費をもらう形です。そんな夫に、とてもじゃありませんが、「ママ友とランチに行くから」なんてお小遣いを頼める雰囲気ではなかったんです。

数万円の事だから……と、繰り返しキャッシングしていると、パートの主婦なので、借りられる所も限られてきてしまいます。最終的には、大手ではない、少々あやしい中小の金融業者にも手を出してしまいました。それからは坂を転げ落ちるみたいに借金が増えて、あっという間に200万円代に。私としては、ホントに10万円程度ぐらいしか、借りたつもりはなかったんですが……。

・毎月の返済額 8万円程度

これでは、夫からもらう生活費のほとんどを返済に回さなくてはならないのです。だから、また、少しでも借りられる状況になるとキャッシングして、なぜか高い刺身なんかを食卓に出して、「今月はちょっと余裕あるからね〜」なんて、ウソにウソを重ねる始末……。なんで、そんな事をしているのか、夫にバレたくない為に、ワケのわからない行動に走ってしまったんですよね。

返済が遅れがちになると、携帯だけでなく、自宅にも電話がかかるようになり、書留郵便の内容証明まで来るようになり、本当にこのままでは夫にバレて、離婚すらあるかもしれないと恐怖のどん底に陥りました。

「借金はもうたくさん、やり直したい!と思う方はスグにご相談下さい」という言葉をサイトで見た時に、すがるような思いで弁護士法人サルート法律事務所にメールしました。電話や、法律事務所に直接行くとなると、たぶん、一生出来なかったと思います。でもメールだから、思い切って相談してみたんです。絶対に夫にバレない借金返済方法をお願いしましたが、すぐに返信がきました。そうした「家族に内緒の借金」の対応もとても理解してもらえたので、メールを読みながら、なぜか泣きたくなるぐらい、「何とかなるのかも」とものすごくホッとしたのを覚えています。

結局、任意整理を行ってもらい、利息を減らして、毎月の支払いもかなり減額となりました。弁護士の先生との電話の連絡なども、夫がいない時間に対応してもらえ、郵送は局留めで受け取る方法にしたので、本当に家族にバレずに借金を減らし、最終的に完済できたんです! もう2度と、借金には手を出しません!

→家族にバレない「賢い借金返済方法」で完済!
Tさんのケースでは、
(1)債務確認
(2)金融業者と交渉
(3)和解交渉が成立
と、Aさんのケースと同じ流れで進みましたが、最初に「家族に内緒」という前提だったので、「平日11時から2時までの間の電話連絡」など、ご主人のいない時間帯で対応してくれたそうです。

問題は、1件だけあった「不法な金融業者」との交渉です。こうした金融業者は、弁護士が介入しても、不当な取り立てを強行する場合があるからです。助かったのは、闇金ではなく、利息が不法な中小の個人経営的な金融業者だった事。今回は弁護士が、「借金を帳消しにするのではなく、完済させる」約束で和解交渉が何とか成立しました。こうした業者との交渉は、大手以上に「自分で何とかなる」相手ではありません。下手をすると、家族にばらす事を理由に脅しをかけてくる事もあります。必ず、弁護士などのプロの助けが必要となります。

・200万の借金→過払い金発生で報酬をカバー→90万に減額
・利息を大幅に減額、毎月の返済額は15,000円(2社合計)に。
・特に金利の高かった中小金融業者の利息交渉の結果が大きく減額

■結論■賢い借金返済方法は……

・債務整理のプロに頼んで「借金半額・減額」を実行
→秘密厳守で家族に内緒で任意整理ができる。基本的にどこの法律事務所でも、債務整理については例え家族にもバレずに出来るよう対応はしてくれます。ただ、実際問題として、同じ屋根の下に住む人にバレずに、債務整理を行うには様々な工夫が必要になってきます。特に郵便物、電話連絡などで、法律事務所の方がうまく対応をしてくれる事が重要です。サルート法律事務所は、「誰にもバレずに債務整理ができる」事にきちんと対応してくれます。

・繰り返さない固い決意こそが大事
→特に主婦の借金で多いのが「ほんの1〜2万円だけ」という少額の借金からスタートして、だんだんと「簡単にキャッシング」に慣れてしまい、最終的に返済に追われる厳しい状況に追い込まれるケースです。主婦の場合は、総量規制(年収に対して3分の1までしから、借入できない)もあり、専業主婦などがキャッシングをしようとすると、不法な金融業者を使うしかない為に、気づいた時には大きなトラブルに巻き込まれている場合もあります。「1万円だけだから」その気持ちから、気軽な気持ちの借金を「絶対に繰り返さない」固い決意が大事です。

・「賢い借金の返済方法」では、打ち明けてしまう勇気も時には必要
→家族にバレずに、借金を返済する方法はあります。でも、もしできる事なら、思い切って勇気を出して、夫や家族に打ち明けるのもひとつの方法です。これは、借金を繰り返さない為にも、そして、「なぜ、借金をしたのか」という理由を、共に暮らす人に理解してもらう事で、キャッシングを繰り返す悪癖が解決される事がとても多いのです。もちろん、打ち明けた時には、家族間で問題となるでしょう。しかし、隠したまま、「バレたらどうしよう」と毎日、何かに怯えるように暮らすよりは、ずっと良い結果が待っているはずです。ケースバイケースですが、「打ち明ける」決断も時には考えてみるといいと思います。

 

メニュー