借金返済計画

知らないと損する!賢い借金の返済方法【借金半額のコツ】

無理のない借金返済計画の立て方(考え方やポイントなど)

借金返済の計画を立てるのは、実はなかなか難しい事ですね。
最初は1社から数万円借りただけなのに、ついつい気軽にキャッシングしてしまい、気づいたら3社、4社から数十万の金額を借入して、「300万円以上の借金になってしまい、どこにいくら払っているかもわからなくなる。ただ、返済日にとにかく支払いできるように必死だ」というケースは、よくある事です。

借金返済の計画の立て方

(1)現在の借入(借金)額を正確に把握する
(2)毎月の収支を計算する
(3)返済計画を具体的に立てる

借金の返済計画というのは、簡単にまとめるとたった3つのステップで出来ます。しかし、問題は山積みです。

借金返済計画が立てられない!その理由は……

(1)現在の借入(借金)額を正確に把握する……が出来ない
これが出来ない人が実にたくさんいます。例えば1社の金融会社から30万のキャッシングをしていて、毎月2万を返済している、という人なら、わざわざ返済計画を立てなくても簡単です。借金の返済計画が必要な人というのは、数社からそれぞれ10万、40万、25万といった具合に借りている事が多く、しかも「3年前から借りている」「半年程前に追加で借りた」と、借入した時期もバラバラです。金利を把握している人も少ないのではないでしょうか。まず正確な借金の残高がわからなくては、返済の予定を立てる事も出来ません。

(2)毎月の収支を計算する……が難しい
給料がいくらで、食費や家賃がいくら、車のローンがいくらで、金融会社からのキャッシングがいくら……。毎月、どれだけの収入があり、何にいくら使っているか、それこそお小遣い帳をつけるようにわかっている人はあまりいません。しかし、毎月「いくらの返済額だったら確実に返せるのか」は日々の暮らしの必要経費から割り出します。これが意外とできる人が少ないのです。

(3)返済計画を具体的に立てる……のは最も難関な問題
さて、もし、残高を把握し、毎月の収支も把握したとしても、結局「長期的に返済計画を立てる」のは、自分ではできない事がほとんどです。単純に「毎月5日に1万5000円、15日に1万、25日に3万」とわかっても、それは返済計画ではなく、返済日と返済額を把握しただけです。結局、返済に追われる事には変わりありません。「自分の普段の生活で、きちんと滞りなく返済できる計画」を立てなくては、借金完済が現実とはなりません。

借金返済計画[無理なく確実に返済できる]方法とは

1社からの数十万円の借入をしている、という人以外は、はっきり言えば、自分ひとりの力で「返済に追われる日々」から解決できる方法はありません。親や身内が借金を肩代わりしてくれない限りは、難しいでしょう。また、身内からお金を借りる事ができない、あるいは借りている事を言えないからこそ、返済に追われ、複数の金融会社からキャッシングをしている場合がほとんどです。

借金返済を確実に行うには、「債務整理の専門家」「借金返済の実績抱負な弁護士に依頼する」のが一番です。

▼弁護士法人サルート法律事務所

・相談料 無料
・メールでの受付可
・債務整理(任意整理、個人再生、和解交渉、金利交渉、過払い金請求など)全般を弁護士が行ってくれます

こちらの弁護士事務所は、まずメールでの相談を受け付けています。メールは何度でも、いつでもできて、無料です。借金額と資産の状況、収支の状況を丁寧にヒアリングしてくれて、その上で、「どうしたら、一番簡単に借金を返済できるか」計画を立ててくれます。

ただ、返済の計画を立てるだけでなく、
・金融会社と交渉をしてくれる→金額を圧縮したり、金利を低くしてもらう
・過払い金が発生しないか確認してくれる
・取立がある場合にはストップしてくれる
・毎月無理なく返済できるよう、具体的な計画を立ててくれる
今ある借金を、必ず「ゼロ」にできるように、法律のプロである弁護士があなたを助けてくれます。

借金の悩みは、常に離れません。
返済計画をたてて、「何とか、やり直したい」と考える人は多くいます。でも、考えているだけでは、残念な事に借金は減りません。債務整理、借金返済のプロに相談する事で、あなたは余計な心配や手間をかけずに、本当に借金をゼロにする方法が見つかるはずです。

メニュー