おまとめローン、借金一本化

知らないと損する!賢い借金の返済方法【借金半額のコツ】

借金返済のコツ 一本化・おまとめのメリット・デメリット

借金の一本化をしたい、という話はよく耳にします。最初は少額のはずだった借金が、だんだんとふくれあがり、あちこちで返済する事になるのは、珍しいケースではありません。そこで、最近では銀行などでも「おまとめローン」をしている所が多いようですが、「借金の一本化」について、まとめてみました。

[借金の一本化]借金おまとめローンのメリットとは

・1つの金融会社から返済できるので手間がかからない
・返済日の予定がたてやすい
・金額によっては金利がお得になり借金が多少減る

[借金の一本化]借金おまとめローンのデメリットとは

・1本化したとしても借金である事にはかわらない
・返済額が実際には減らず、逆に負担になる事もある
・そもそも「おまとめローン」の審査に通らない事が多い
・悪質な業者による「一本化」でトラブルに巻き込まれる場合も

借金返済のコツは「一本化」だけではない!専門家に相談を

よくある「おまとめローン」は、パッと見たところ、毎月の返済額も減り、返済日も決まり、借金返済の予定が立てやすいように思えます。中には確かに、借金を一本化にした方が、返済がうまくいくケースもあります。

いっぽうで、実は多いのが、「毎月の返済額は減る」のですが、返済期間が延長されるだけ、というケースです。この場合は、実質的には返済額が増えてしまうという面があります。

また、おまとめローンでは1社からの借入額が当然大きくなるので、その分、審査も厳しくなる傾向があります。貸す側としては、既に何社からも借金をしている人の「借入額をまとめて」貸すわけですから、リスクがどうしても高くなります。その分、審査が厳しくなったり、金利自体も実はそう低くなっておらず、上記のように「期間を長くして」単純に毎月の負担額を減らすというだけのパターンが多くなりがちです。

「借金の一本化」の一番の問題点は、実は別のところにあります。それは、借金をまとめた時点で「借金を減らした、返済をした」と勘違いしてしまう事です。実際に1社からだろうが、5社からだろうが、「借金をしている」のは変わりありません。借金を一本化しても、借金を返済した事にはなりません。

では、どうしたら「自分の借金返済を一番効率的にできる」のでしょうか?

借金返済は債務整理の専門家に頼むのがコツ

借金の一本化をしている銀行に相談にいけば、基本的に一本化をすれば、「借金返済がラクになる」といった話になるでしょう。しかし、複数の金融会社から借入している場合には、

・今、自分がいくらお金を借りているか、残高もさだかではない
・金利がそれぞれいくらか理解していない場合が多い

混乱しながら、毎月の返済に追われている人も多いはずです。

借金お助け相談窓口は「複数借入の借金に強い」債務整理

2社以上の金融会社から、借金をしている人専門の相談窓口です。相談料は無料で、24時間365日対応しています。メールでの相談からスタートできるので、「借金の相談ってしづらい…」と思っている人でも、気軽に利用できるのでお勧めです。

専門家に相談する事で現在の自分の借入状況が把握できる

事務所の専門スタッフが全ての金融会社との対応をしてくれます。残高の確認から、現在の金利や、場合によっては過払い金請求ができる可能性もあります。

借金返済の手続き全てを代行してくれる

自分で金融会社と遣り取りをする必要は全くありません。借金返済、債務整理のお願いをすれば、取立のストップから和解交渉なども全て行ってくれます。

借金の一本化か、債務整理が得か、判断してくれる

債務整理後には、ほとんどの人が毎月の返済額が大きく減ります。中には過払い金が発生し、借金そのものがなくなる場合もあります。借金の一本化よりは、現実的に借入を圧縮し、現実的に返済できる金額にして、毎月確実に返済していくのが最も良い方法です。

メニュー